ひねもす俳句:秋の日曜日


むかごはおいしい
零余子(むかご)蔓引けば雨粒降り掛かり /勝美

お蕎麦やさん
昼酒は蕎麦屋に限る酔芙蓉 /勝美

3 thoughts on “ひねもす俳句:秋の日曜日

  1. むかごを盗ろうとしてちょっと反撃されたって感じですね。そんな攻防の末に食すものだから旨いのかも知れませんw。
    お花が腹いっぱいになって、そば屋から出て来たように見えました。なるほど!

  2. 上の農宗そば屋の感想は、
    訂正前の句「腹満たすことにも倦みぬ冬薔薇(さうび)」につけたもの。
    写真の花は芙蓉ですが、バラだったとしてもいいかなと思ってたのですが、
    見間違えに気付いた作者から、訂正の句が届いたというワケです。
    フヨウの花は咲き始めは白くて、夕方にはピンクになっていくことから酔芙蓉というらしいです。
    うん、ふわっとした芙蓉の花は、まさにそんな感じでした。
    蕎麦屋で昼酒なんて粋だなぁ。
    むかごっておいしい。素揚げに塩ふって食べると最高です。野趣あふれて。
    それにしても秋は、ザクロや柿にむかごと、採って食べたくなるようなものばかりで困ります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です