ひねもす俳句:秋の赤


今年はざくろ豊作!
落ちてなほ哄笑止まぬ石榴の実 /勝美

赤とんぼを何匹も発見
草むらにかしぐ板碑や秋茜 /勝美

2 thoughts on “ひねもす俳句:秋の赤

  1. ザクロは笑う前は口をとんがらかしてる感じですね。近所にもいっぱいなってるのですが、なぜか、鳥もあまり食べないようで、落ちて朽ちているのがかわいそうです。
    日に照らされた板碑が、あったかそうですね。信仰の対象だった板碑も今はかしいで立っているけど、ちゃんとトンボのよりどころになってますね。

  2. 夏が暑かったせいか、今年の秋はザクロの実のつきがいいみたいですね。
    パカっと割れて道ばたにもゴロゴロ落っこちてたりします。
    ”ザクロは人肉の味”(鬼子母神の話から)とか言われたりする、果物らしくないイメージもある。
    食べるとおいしいのになぁ。
    色も綺麗だし。
    赤トンボの写真は浦和で。
    街中なのに、なぜか赤とんぼが何匹も飛び交ってました。
    板碑は室町くらいに建てられたものでしょうかね。
    もっと後かな。
    見落としてたんで、どんな板碑だったかわからないけど、鄙びた雰囲気でてますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です