ひねもす俳句:夕暮れの巻


夕暮れの大工
夕焼やあと一本の釘を打ち /勝美

夕暮れの街
夕焼の底より夜の街開く /勝美

2 thoughts on “ひねもす俳句:夕暮れの巻

  1. 同じ“夕方”の写真に、これで終わるものとこれから始まるものが詠まれてますね。空気感が沁みます。

  2. ↑言われてみればそうだ。でも本人も意識してないんじゃあ…
    「夕焼」が夏の季語。
    上はウチの向かいの建築中の家。
    朝っぱらから工事の音が耳ざわりだったりするんだけど、
    この時ばかりは、夕焼けに浮かぶシルエットが
    カッコよさげに見えました。
    (写真の構図はあんまりよくないなあ)
    夕方そこらへんを散歩してると、空が刻々と変わっていくんで楽しい。
    「夕焼の底」ってどこなのよ?と思いつつも、
    ミョ〜に説得力ある言葉だとも思う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です