ひねもす俳句:秋の夜


やきとり屋
敬老日ひとりで祝ふ酒苦し /勝美

飲み会の日
話まだ尽きず夜長の街にまで /勝美


2 thoughts on “ひねもす俳句:秋の夜

  1. 苦い酒が飲めるのも生きているからこそ。敬老は人にしてもらうにあらず。なんてね〜。
    ポツリポツリながら、話がつきない様子が感じられます。いくらITが発展しても、会わないと伝わらないものって確実にありますよね。

  2. でもあれだね、初めて敬老の日にお祝される時って、
    けっこうショックかもな。
    私はむしろ「そっとしておいてくれ」な気持ちになるかも。
    4人衆の句。
    私も飲み会あとの絵かと思ったら、
    飲み会前の待合せしてる時だそうな。
    みなさんなんだかお疲れの様子。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です